2017年08月14日

恐竜の卵(恐竜誕生に秘められた謎)展示中 10月15日まで

只今、福井県恐竜博物館では、「恐竜の卵(恐竜の誕生に秘められた謎)」の展示を開催中です。
もちろん化石です。
「なーんだ卵なんて興味ないや」
なんて思わないで下さい。
恐竜の骨の化石からは解明できない、卵と、卵を狙っていた?恐竜とか、鳥のようにその卵を温めていたと思われっる恐竜のことなど、恐竜の生活がその卵と卵の周辺の化石からわかることができるのです。
 みなさんも恐竜博物館で卵と卵を温めているお父さん、お母さん恐竜に思いを巡らせ、今の自分の生活と照らし合わせてみるのも面白いかもしれません。
 10月15日まで展示していますので、ゆっくりと空いている時期にお出かけ下さい。

 公式サイト

2017年07月22日

地元(大野市東勝原)で恐竜化石

「絶対に出る」と信じ長年に渡り発掘されていた方がおられます。
そして見つけました。 イグアノドンの歯と思われる恐竜の化石です。
このあたりは伊月層と呼ばれる約1億3千年前の地層があり、近辺では恐竜の足跡の化石や歯の化石が見つかっていた。その和泉地区から大野市寄りの荒島岳の麓。 東勝原で初めて見つかった。 この九頭竜川上流の伊月層は国内最古級の地層と言われ、まだまだ何やら眠っていそうだ。 川の名前からして「九頭竜」恐竜の化石の宝庫とも言えそうな気がする。
C360_2017-07-21-03-57-48-765.jpg

2017年07月08日

熊本でもティラノ歯化石

ティラノちゃんの化石が熊本でも発見!された。
昔は日本中ティラノがいっぱいいたのかな。
いまでも時々似たような人がいるけど、先祖はティラノに間違いない。

20170706_044815.jpg

2017年06月06日

1926年に採取された化石は日本初の恐竜化石だった

1965年山口県下関市綾羅木川上流で高校生が見つけた化石。 少年は家に持ち帰った。 
どこにも鑑定に出さず家に大事に保管していたらしい。
先日、自宅を整理しているとその化石が出てきた。
化石だとは思うけど、何の化石だろう。。。
「もしかして恐竜の卵では?」
当時の少年のころの疑問をスッキリさせるために鑑定に出してみた。
福井県立大学恐竜学研究所などが調査した結果。 なんとそれは
ティラノサウルス等の獣脚類のものと思われる恐竜の卵の殻とわかった。
発見した50年前、日本には恐竜はいなかったと言われていた時代。
この鑑定で、日本初の恐竜の化石となった。
 中国地方で発見されたこの卵は国内で見つかっている9種類の恐竜の卵と異なっており、別の種対の恐竜では? と思いも膨らむ。
 この化石は福井県恐竜博物館特別展「恐竜の卵」(7月14日~10月15日)で公開される予定です。

20170606_110003.jpg
山口県下関で見つかった化石たち

20170606_110108.jpg
恐竜の卵と確認された化石

2017年05月30日

恐竜電車に乗ろう

恐竜博物館にお越しになる際は、もし時間があえばえちぜん鉄道の「恐竜電車」に乗ってみてはいかがでしょうか? 幼稚園保育園〜小学校のお子様には結構お楽しみいただけると思います。
6月は無いのと、80席限定になるので、えちぜん鉄道に一度確認してみてください。

title.jpg

2017年05月17日

恐竜博物館総選挙

恐竜博物館で恐竜の総選挙が行われました。
期待通り、ティラノ・レックスがTOPを獲得。
選ばれた恐竜は来年のカレンダーで使用されるそうです。
下記はその新聞記事。

20170517_200136.jpg

2017年04月14日

4月17日は恐竜の日。 観覧無料!

ここ、福井県勝山市の恐竜博物館は4月17日の恐竜の日にちなんで、観覧無料などのサービス向上策を発表しました。
 恐竜の日は、1923年にアメリカニューヨーク州の博物館の調査隊がモンゴルのゴビ砂漠に向けて中国・北京を出発した日だそうです。この調査で初めて恐竜の卵が見つかり本格的な恐竜研究が始まったとされています。

20170414_121945.jpg

2017年04月02日

恐竜マンホールカード登場!

各自治体でマンホールカードなるものがあるのをご存知でしょうか?その自治台で名物となっているものなどをマンホールの蓋にデザインされていますが、それのカードがあります。
福井県勝山市では2017年4月3日に恐竜のデザインのマンホールカードを配布することになりました。春休みなので結構な人が集まり並ぶことが予想されます。
 限定2000枚で一人1枚です。
 詳しくは下記の新聞記事で
20170323_092353.jpg

2017年03月22日

第2の恐竜博物館

今、福井県勝山市では 第2の恐竜博物館 を整備するのかどうか、県と議会の間で調整が続いている。 というか意見の食い違いがあるようです。
今後注目すべき事項ではありますが、現在のところあまりスムーズではなさそう。

新聞記事

2017年02月02日

ホワイトザウルスの寄附が20%で終わってしまった

首の折れたホワイトザウルスの寄附を勝山市がよびかけていましたが
集まったのは目標の20%で終了してしまいました。

https://fbyg.jp/projects/whitesaurus

残念な結果ですが

これは

福井県で再生すべきという声なのか

認知度が低かったのか不明です。

取り急ぎ結果報告いたします。


------- 恐竜ショッピングリンク集 ------- ・恐竜フィギュアのショッピング
・恐竜関連商品
My Yahoo!に追加 Add to Google
恐竜博物館Topへ