« 恐竜電車に乗ろう | メイン | 熊本でもティラノ歯化石 »

1926年に採取された化石は日本初の恐竜化石だった

1965年山口県下関市綾羅木川上流で高校生が見つけた化石。 少年は家に持ち帰った。 
どこにも鑑定に出さず家に大事に保管していたらしい。
先日、自宅を整理しているとその化石が出てきた。
化石だとは思うけど、何の化石だろう。。。
「もしかして恐竜の卵では?」
当時の少年のころの疑問をスッキリさせるために鑑定に出してみた。
福井県立大学恐竜学研究所などが調査した結果。 なんとそれは
ティラノサウルス等の獣脚類のものと思われる恐竜の卵の殻とわかった。
発見した50年前、日本には恐竜はいなかったと言われていた時代。
この鑑定で、日本初の恐竜の化石となった。
 中国地方で発見されたこの卵は国内で見つかっている9種類の恐竜の卵と異なっており、別の種対の恐竜では? と思いも膨らむ。
 この化石は福井県恐竜博物館特別展「恐竜の卵」(7月14日~10月15日)で公開される予定です。

20170606_110003.jpg
山口県下関で見つかった化石たち

20170606_110108.jpg
恐竜の卵と確認された化石


------- 恐竜ショッピングリンク集 ------- ・恐竜フィギュアのショッピング
・恐竜関連商品
My Yahoo!に追加 Add to Google

About

2017年06月06日 12:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「恐竜電車に乗ろう」です。

次の投稿は「熊本でもティラノ歯化石」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
  
  
恐竜博物館Topへ