« 俺たちの旅(小椋佳) | メイン | さだまさしはピンになる前はグレープだった。 »

はぐれ雲(山本コータローとウイークエンド)

 このころから歌謡曲なのかフォークなのかわからないような歌が多くなってきた。
 山本コータローとウイークエンドは「走れコータロー」で一世を風靡したグループで、早口でまくし立てる実況中継のセリフに今までに無い音楽の可能性を見出していた。
 そのあと「岬めぐり」でヒットを飛ばし、近所のホールに900円で見に行ったことを覚えている。
 海援隊もこのころがんばってた。
 
 下のは、コンサートを見てきっと感化したんだろうなぁ、買ってしまったレコードの一枚です。

 このコンサートでギターがピックを持ってアルペジオを弾いているのを見て、メッチャまねして練習したのを覚えてる。
 
haguregu.jpg

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yumemilk.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/109

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年04月14日 08:06に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「俺たちの旅(小椋佳)」です。

次の投稿は「さだまさしはピンになる前はグレープだった。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
昭和の歌Topへ